いま話題の機能性表示食品って?


 平成27年4月1日より、新・機能性表示制度が施行されます。これにより、機能性のある成分を含んだ商品の科学的根拠がある場合、機能性を商品のパッケージや広告に表示した、「機能性表示食品」が販売されていきます。

 今までわかりにくかった「どんな人にいいのか」「何にいいのか」など表現がわかりやすく、目的も明らかになるため、より選びやすくなります。

 たんぽぽモールでも、お客様により選びやすく、そして高品質の商品をお届けするため、いち早くこのコーナーを特設いたしました。アイコンによる表示や、専門家のおすすめのマークも付ける予定ですので、たんぽぽモールでよりよいショッピングをお楽しみください。


『たんぽぽモール』ではこのアイコンを表示します→


 ▼【機能性表示食品】って? 

 ▼【機能性】って?薬の効能と違うの?

 ▼【機能性表示食品】ってどう見わけるの?

 ▼『たんぽぽモール』では、積極的に機能性表示食品をご案内していきます!

 ▼『たんぽぽモール』では、すでに健康食品で成分などの表示を開始しています!

 ▼【機能性表示食品】や【健康食品】をよりお調べになりたい方は

 ▼【機能性表示食品】の制度はなぜできたの?

 ▼【機能性表示食品】はどんな商品がでるの?

 ▼【機能性表示食品】は何が表示されるの?

 ▼【機能性表示食品】で表示してはいけないことはあるの?

 ▼【機能性表示食品】に当てはまらない成分はあるの?

 ▼【機能性表示食品】はどんな届け出をするの?



 「機能性表示食品」 は、特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行う商品として、消費者庁に届け出られた商品になります。みなさん最近、特保(トクホ)と呼ばれる商品が売られているのは目にしていると思います。「体脂肪を減らす」「血糖値が高めの方へ」 など、わかりやすい表示がパッケージにも広告にも表示されています。

しかし、特保(特定保健食品)の商品は少なく、特保の商品だけしかその表示はできませんでした。今回、「機能性表示食品」の制度においては、製造者の責任において、その成分が どのような人が対象でどのような機能性(はたらきが期待されるか) が表示できるようになります。

今までサプリメントや栄養価の高い野菜を買うにも、「何がどういいのか」「カラダのどこにいいのか」 など、健康食品はわかりにくかった点があります。

しかしこの制度により、この制度を利用した健康食品の表示は よりわかりやすく なります。成分の機能性の科学的根拠は消費者庁のホームページでも消費者に開示されるので、消費者もより 品質のいいものを選びやすく なります。

 


 「機能性」というのは、成分の「期待されるはたらき」です。 機能性表示食品は医薬品ではないので、例えば「頭痛が治る!」「腹痛に!」などと言う薬のような作用や効能までは表記されません。 表示されるのはその商品の主な成分の「期待されるはたらき」や、その科学的根拠や一日の摂取目安量などです。

機能性表示食品は あなたの健康生活を「サポート」する食品 です。

 

 

▲ページTOPへもどる

 機能性表示食品にはパッケージにのわかりやすい場所に「機能性表示食品」という表示と「届出番号」が表示されています。科学的根拠と同じく消費者庁のホームページにも開示されます。消費者はそのことを確認できる ので、安心してご購入が可能です。

 

 

▲ページTOPへもどる

 


リンク▼
消費者庁トップサイト 独立行政法人 国立健康・栄養研究所
消費者庁 食品表示について 公益財団法人 日本健康・栄養食品協会
栄養機能食品について(東京都福祉局) 一般社団法人 機能性食品開発支援機関協議会
厚生労働省 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
内閣府 特定非営利活動法人 食品保健科学情報交流協議会

▲ページTOPへもどる

 

  「病気や介護を予防し、健康を維持して長生きしたい」との国民のニーズや世界に先駆けて「健康長寿社会」を実現するため、政府が検討を重ね、今回施行されるのがこの制度です。 また、消費者の誤認を招かなぬよう、消費者が自主的に、かつ合理的に商品を選択するために出来た表示制度です。海外でもダイエット関連食品やサプリメント市場が過熱していることも、この制度のあとおしになったようです。

 

▲ページTOPへもどる

 制度が施行されるのは 平成27年4月1日 で、市場に出回るのは早くて5月末日。実際には6月くらいから販売されると思われます。 栄養食品というと サプリメントなど が容易に想像できますが、そればかりではありません。 ある成分が特化した野菜などは現在も販売されてますから、それらの 生鮮食品が機能性表示食品として 販売されることも予想されます。 フルーツや加工品もそうです。ただ、いままで成分表示はできても「○○にいい!」などの表示がありませんでしたから、 あいまいだった機能も この制度でわかりやすくなる ため、サプリメントに限らず、生鮮食品やその加工品にも、この制度は展開していくと予想されています。

 

▲ページTOPへもどる

 パッケージには

     ①「機能性表示食品」の文字。

     ②「届出表示」と明記したうえで当該成分を含有する食品が有する機能性

     ③1日当たりの摂取目安量当たりの栄養成分の量及び熱量

     ④「機能性関与成分」と冠し、 1日当たりの摂取目安量当たりの機能性関与成分の含有量

     ⑤ 1日当たりの摂取目安量

     ⑥ 届出番号

     ⑦ 食品関連事業者(製造元や販売元など)の連絡先

     ⑧「本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、

      消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を

      受けたものではありません。」の文字。

     ⑨ 保存の方法

     ⑩ 摂取の方法

     ⑪ 摂取する上での注意事項

     ⑫ 調理または保存方法の注意

     ⑬「本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。」の文字。

     ⑭「本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を

      対象に開発された食品ではありません。」の文字。(加工食品のみ)

     ⑮「疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。」

      の文字。

     ⑯「体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止して、医師に相談してください。」の文字。

 また、広告やウェブサイトには、この機能性や安全性に関する問い合わせ先が表示されるようになりますので、アレルギーや体質のことで心配になる方も、購入前に企業に確認することができます。

 

▲ページTOPへもどる

 この制度だけでなく、食品全般に言えることですが、薬ではないので、病気の「予防」や「治療」に関する表現は表示できません。また、「機能性表示食品」として販売される場合、消費者庁に科学的根拠とともに届出していない成分の機能性を表示することはできません。

 

▲ページTOPへもどる

 今回施行される新・食品表示制度では、いくつかあ当てはまらない成分があります。それはビタミンAを除くビタミン類や、カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄などのミネラル類です。これらはの成分を主に商品としてうたう時、機能性表示食品としては販売されません。栄養機能食品の部類に入ります。

しかし、この成分が入っているからと言って「機能性表示食品」として販売されないわけではありません。あくまで届け出た成分の機能性の範囲であれば、「機能性表示食品」として表示してOKなので、他の成分も詳しく知りたいときは成分表示を確認する必要があります。

また、脂質・飽和脂肪酸・コレステロール・糖類・ナトリウムの過剰摂取につながる食品は届出ができませんので、砂糖をたっぷり使っている「キャンディ」などは、この制度の対象になりません。

 

▲ページTOPへもどる

 「機能性表示食品」として販売するには食品関連事業者が、消費者庁食品表示企画課に商品を 販売する60日前までに届け出 なければなりません。食品関連事業者とは最終製品の製造者、加工者、販売者および輸入者、生鮮食品に関しては生産者団体等のことです。主な届け出内容は

     ①パッケージなどに表示される内容

     ②食品関連事業者に関する基本情報

     (事業者名、連絡先、登記簿謄本または本人確認書類、

      届出者もしくは代表者の氏名、住所、消費者対応部局の連絡先、

      情報開示するURL、届出事項および開示情報についての問合せ対応部局)

     ③安全性および機能性の根拠に関する科学的根拠となる情報

     ④生産・製造および品質の管理に関する情報

     ⑤健康被害等の情報収集体制

     ⑥その他必要な事項

     ⑦届け出る食品に関する基本情報

     (商品名、名称、食品の区分、

      錠剤、粉末剤や液剤であって、その他加工食品として扱う場合はその理由、

      想定する主な対象者、健康増進法内で定める栄養素の過剰な摂取につながらないとする理由、

      販売開始予定日)や

それらに関わる情報の資料などです。

 

▲ページTOPへもどる